豊かな自然に包まれるひととき、明宝にようこそ

伝統・文化

郡上市指定天然記念物 耳柿

郡上市指定天然記念物 耳柿

へたの部分に耳のようなものが付いた珍しい山柿。大きくなっても片手に乗る程の小ぶりな柿です。残念ながら渋柿のため食べれません。これにまつわる昔話も伝わってます。

明宝寒水の山奥に原木は残っていますが、かなりの老木。
樹齢は不明ですが、100年以上と見られています。数年前に接ぎ木した若い木に毎年〝耳〟の付いた実が実ります。
現在子供は7本。

◆昭和62年6月16日 明宝の天然記念物に指定
◆平成16年3月1日 町村合併により郡上市の天然記念物となる

耳柿のお話 ~よもやま話より~

耳柿のお話 ~よもやま話より~

明宝の伝統・文化

寒水の掛踊

寒水の掛踊

掛踊(かけおどり)とは、寒水(かのみず)地区白山神社に古くから伝わる例祭で、毎年9月第2日曜とその前日に行われます。貴重な伝統行事として今に至るまでしっかりと守り継がれています。

白山神社例祭

白山神社例祭

明宝では、毎秋7地区8つの神社で例祭が行われます。各白山神社ごとでそれぞれ地元住民の協力の下、伝統に基づいた大神楽や伊勢神楽が奉納され、次世代へと継承されています。

千葉家のいろり火

千葉家のいろり火

明宝気良の千葉孫兵衛さん宅には、現在約790年も燃え続けているいろり火があります。この火種は、代々家長が責任を持って受け継いでおり、一度も消えることなく守り続けてきました。

名馬・磨墨

名馬・磨墨

歴史に名だたる宇治川の先陣争いに梶原源太景季が乗った名馬「磨墨」は、古来わが明宝気良の産と語り伝えられています。

磨墨太鼓

磨墨太鼓

「磨墨」の名にちなんだ顕彰活動の中でもこの太鼓は代表的なもので、昭和62年に創作、結成され全国的規模で交流活動をしています。

郡上市指定天然記念物 耳柿

郡上市指定天然記念物 耳柿

へたの部分に耳のようなものが付いた珍しい山柿。大きくなっても片手に乗る程の小ぶりな柿です。

トピックスイベント情報アクセスリンクお問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ

明宝観光協会  〒501-4301 岐阜県郡上市明宝大谷1015(道の駅 明宝) TEL (0575)87-2844 FAX (0575)87-2641